中園喜代美 無修正で魅せる下着を売るIカップ

AV女優  中園喜代美 B100(Iカップ) W60 H89

別名義  佐野真知子

撮影会で活躍 50分18,000円 動画撮影無料 バイブ3,000円 ローター2,000円 

<今回レビューする無修正動画>

奥さん、今はいている下着を買い取らせてください  取りあえず総評を見る

 

奥さん、今はいている下着を買い取らせてください タイトル

 

明るい日差しの中

若いハメ師が 大きなネットの前でナンパをしています

ハメ師「今日は綺麗な人いないっすかね」

カメラマン「(あの人)行ってみますか?」

 

通り過ぎる明るい色のスーツを着た女性

後ろ姿では 長めの髪

膝上丈のスカート

お尻は むっちりと豊かな張り出し

 

ハメ師「すみませ~ん 今 ちょっとお忙しいですか?」

振り返ったのは 熟女

と言ってもまだまだ若い感じ

女性「帰るだけですけど」

ハメ師「実は今 取材をしてまして インタビューに答えていただけないかなぁと思って・・・」

女性「街頭インタビュー?」

ハメ師「そう 街頭インタビューなんですけど」

 

中園喜代美 街頭インタビューってホントですか?

 

謝礼も出ると聞いて インタビューを承諾する女性

幅の広い顔に

目も鼻も口も 横に長い感じです

笑うと大きく表情が崩れて

愛嬌はたっぷり フレンドリー

口数も多そうな感じです

ハメ師「近くに場所の方を用意してありませんで よろしいですか?」

女性「はい」

ハメ師「じゃ どうぞ  すみません こちらです」

 

ハメ師「どうぞこちらの方ですね どうぞお座りください」

白い壁紙の部屋 白いタオル地のようなカバーを掛けたラブソファ

近くに住んでいるという女性に

インタビューが始まります

まずは お名前

女性「喜代美です」

ハメ師「喜代美さん 今おいくつなんですか?」

喜代美「38です」

ハメ師「え?! 38歳? 見えないですね」

若く見えるなぁ~ 30歳ぐらいに見えると持ち上げるハメ師

 

ヨガをやっています

この歳なので 結婚してます

そんな話題を振られて 不審に感じた喜代美さん

喜代美「(これって)街頭インタビューじゃないんですか?」

ハメ師「お願いしたいことがありまして 実は・・・」

喜代美「はぁ?」

ハメ師「喜代美さんみたいに素敵な方のですね あの~ 下着を売っていただけないかっていう街頭インタビュー企画なんですよ」

喜代美「はい?」

ハメ師「下着・ですね 今お穿きになっていらっしゃいますよね」

喜代美「はぁ~ はい?」

ハメ師「あ あの お下着の方 おパンツ」

喜代美「いや え? 穿いてますけど」

とにかく しつこく売ってくれとせがむハメ師

喜代美さんは お断りして立ち上がろうとしますが

個人的な研究のために是非と

喜代美さんの隣へ座って 手を合わせて拝み倒すハメ師

さらに 耳に手と口を寄せて

高額な謝礼を囁きます

ハメ師「(この金額なら)どうでしょうか?」

 

喜代美「それだったら まぁ・・・」

ハメ師「ありがとうございます ちなみに今 どんな感じの下着をお穿きなんですか?」

喜代美「ふ ふつう?」

ハメ師「ちょっと見せていただいて よろしいですか?」

喜代美「どっかで脱いで渡すとかじゃダメですか?」

ハメ師「そうですね・・・」

買う側としては

きっちり穿いているところを この目で確認する必要がありますので・・・

 

喜代美「えっと・・・」

覚悟を決めたのか

潔く立ち上がった喜代美さんは

スカートを捲り上げて

黒っぽいパンスト越しではありますが

穿いているパンティを見せてくれます

喜代美「こんな感じです」

 

でも パンストが邪魔で見えずらいので

ハメ師「ストッキング脱いでいただいてもよろしいですか?」

喜代美「あ・・・ちょっと下げてみて」

ハメ師「そうですね ちょっと下げてみていただいてよろしいですか?」

 

素直に応じて 横向きになってパンストを下ろす喜代美さん

ハメ師「あぁ そんな感じなんですね」

グイッと顔を近づけて

喜代美さんのVゾーンをガン見するハメ師

丸っこい下腹部は 熟女らしい肉付き

太腿もむっちむちに張っていますから

内腿はぴったりと合わさっています

 

中園喜代美 そんなに近くで見ないでください

 

ハメ師「ご主人の趣味もこういう感じなんですか?」

お尻の方もチェックするハメ師

喜代美「いや 主人の趣味というか私の趣味なんですけど」

ハメ師「あ・・・喜代美さんの趣味なんですね」

そして パンティが脱ぎずらいので

ストッキングを先に脱いじゃいましょうと言うハメ師

喜代美「やっぱり ここで脱ぐんですか?」

 

パンストを脱いで スカートを上げたまま

喜代美さんはソファに座り

インタビューは続きます

ご主人との性生活は2月に1度あるぐらい

ご主人は普通の忙しいサラリーマン

今日の下着はいつから穿いていますか(朝からです)

オナニーは たまにします

 

ハメ師「こういうのを用意したんですけど・・・ 下着に匂いを付けながらちょっと」

ハメ師は ローターを取り出して喜代美さんに渡します

ちょっとオナニーをしてもらって インタビューしていいですか?

やっぱり 買い取るパンティには匂いやシミが必須ですからね

 

でも ローターの経験がないと言う喜代美さん

それでは こういうふうにやるんです

脚を開いてくださいと 勇んでレクチャーするハメ師

喜代美さんもM字に脚を開いて

随分 協力的です

 

ハメ師「失礼します・・・あれ? 何か シミもう出来てるんですか?」

指摘されて 思わず脚を閉じる喜代美さん

喜代美「いや ちょっと緊張してるっていうか」

ハメ師「緊張するとシミができちゃう?」

これはいい流れだと

ハメ師はさらに大胆に喜代美さんの体に触れ

ソファの前縁に喜代美さんの股間を誘導します

喜代美「なんか ドキドキしちゃう」

ハメ師「ドキドキすると? (股間に触れて)これ・・・湿ってる」

喜代美「いやっ ちょっと あの・・・あんまり旦那以外の男の人とこう二人で話すって・・・ないんで」

ドキドキして 濡れちゃった喜代美さん

 

ハメ師「あっ? 濡れちゃいました? 結構 ホントに飢えてるんですね」

喜代美「そうですね」

正直に告白しちゃいました

 

ハメ師「じゃ 謝礼の方お渡ししますんで パンツ売ってもらっていいですか?」

喜代美「は はい」

その場で立ち上がって

喜代美「失礼します」

スカートをめくり上げたまま パンティを引き下ろす喜代美さん

思えば ここまで長い道のりでした・・・

 

ビーナスの丘の恥毛は ナチュラルな感じで

それほど濃くはないため 前からも割れ目の一部が見えています

そして パンティをハメ師に渡し

スカートを下ろしてソファに座る喜代美さん

すると ハメ師は こんな一言

ハメ師「いや じゃ ちょっと 脱いじゃったところを見せていただいてよろしいですか?」

喜代美「いや・・・ちょっとそれは 恥ずかしいんで」

ハメ師「そこをね・・・謝礼の方をまたお渡しできますんで」

喜代美「いや それはちょっと困るんで」

そう言いながらも 謝礼に負けて

見せるだけならと承諾してしまう喜代美さん

 

スカートだけを脱いだエロい格好の喜代美さん

立ち上がって 脚を広げ

股間をお披露目します

ハメ師「隠さないで・・・開いてもらっていいですか?」

さらに 熟れた果実のような秘部を

自分の手で 左右に開くように頼みます

ハメ師「ちょっと 濡れてるところを見せていただきたいんで」

なるほど それは一理ありますね

 

アップで写される喜代美さんのおまんこ

秘唇にはほとんど恥毛がありませんが

肌荒れが目立って 色素もそれなりに載っているため

かなりの使用感があります(いかにも使い込んだ熟女のマンコ)

花弁(小陰唇)の方は控えめ 秘唇の谷間に隠れ

5~6ミリほど顔を覗かせているだけ

秘唇を押し広げても 左右のバランスのいい形状で

秘唇に寄り添ような感じ 独立した部位には見えないほどです

 

一方 小ぶりなおまんこの中で

ハメ師に剥き出しにされたクリトリスは

綺麗なピュアピンク 大豆ぐらいの大きさ

割と立派な形状です

 

中園喜代美 触っちゃダメ 見るだけですよ

 

喜代美「触んないで・・・」

ハメ師「でも こんなに糸引いて」

喜代美「見るだけって・・・(約束が違います)」

ハメ師「少し触ってみようかなと」

膣液を指先に絡めて 糸引きを楽しむハメ師

喜代美さんも大胆に脚を広げたまま・・・

 

クリトリスを弄られて 大きく身を反らして喜んでいる喜代美さん

ハメ師「ここ 気持ちいいですか?」

喜代美「は はい 気持ち良くなっちゃうんで止めてください」

もちろん ハメ師が止めるはずがなく

クリトリスへの刺激を続けられると

欲求不満の溜まっていた喜代美さんは ご昇天

 

ハメ師「謝礼の方プラスしますんで・・・欲求不満溜まってるみたいなんでエッチしましょうか?」

喜代美「いや さすがにそれは・・・」

ハメ師「えっとですね じゃぁ」

またまた 喜代美さんの耳元に高額の謝礼金を囁くハメ師

喜代美「エッチは・・・知れたら困るんで」

ハメ師「大丈夫ですよ」

 

結局 承諾してしまった喜代美さん

ベッドのあるところへ移動させられて

下半身だけ剥き出しの恥ずかしい姿で

お尻を見られ おまんこを後ろから見られます

 

さすがに この変な格好は恥ずかしいと言う喜代美さん

では 全部脱ぎましょうかと

ブラを外すと

こぼれ落ちるのは 巨大な乳房

何と Iカップ

もちろん 熟女ですから

支える筋力が衰え すっかり重力に従って下垂しています・・・

でも いかにも柔らかくてモチモチしているので

触り心地 揉み心地は素晴らしい感じ

 

ハメ師は大きな音を立てて

喜代美さんの乳房と乳首をしゃぶりまくります

すると 喜代美さんの淫情に火が点いたのか

喜代美「もっと・・・」

自ら ハメ師に口づけをして

さらなる性刺激を求めます

 

ハメ師も すぐさま指マンで応え

その中指は根元まで深々と侵入し

喜代美さんは おまんこ弄りの気持ち良さに

思わず腰を上下に動かしました

 

ハメ師「咥えてみませんか」

すっかり勃起して 斜め上方に突き出したチンポ

喜代美「一ヶ月と十日ぐらいかな?・・・」

久々の 熱い生チンポを

口いっぱいにいただきます

ングッ ングッ

ペロ ペロ

ハメ師「すっごい気持ちいいですよ」

さすがは ベテランの 卓越したフェラチオ

亀頭から竿柱 玉袋に至るまで

唾液まみれにして

絶妙な強さとタイミング

すべてを抜かりなくこなし しかも手コキを入れないので

過って射精する心配が無いのも安心です

(早漏クンは除く)

 

もちろん Iカップの利点を生かし

パイ擦りも忘れません

 

中園喜代美 喜んでもらえるならパイ擦りもしちゃいますよ

 

こうしてお互いが十分に高まったところで

ハメ師「そろそろ しますか?」

ベロキスを交わし

お互いの性器を向き合わせると

正常位で 生チンポを肉壺に押し当てます

 

ハメ師は 最初は焦らすようにチンポ振動させますが

花園へのこの刺激だけで

喜代美さんは 激しく喘ぎ声を出して感じまくり

その激しさは

チンポが肉壺深く差し込まれ

ハメ師が腰を振るといっそう激しくなります

 

喜代美さんの性反応は

ものすごく賑やかで積極的

アッ! アッ! アッ! というリズミカルな喘ぎ声の中に

何やら意味不明の淫語を挟んでおおはしゃぎ

巨体を揺らしながらの騎乗位を 貪るように愉しみます

(チンポが外れまくって ちょっと笑えます)

 

巨塊とも言える 軟乳をぶらんぶらんと揺らしながら

騎乗位は 前から後ろへ変わり

ふぎゃぁ はぁん と雄たけびを上げて

生チンポをハメ直し

ハメ師は 巨尻をがっちりと掴んで

下からチンポをしっかりと突き上げます

そのピッチは次第に高速化

喜代美さんの喘ぎ声もそれと見事にシンクロしています

 

体位は背面騎乗位からバックスタイルへ変わり

視聴者の皆様には

ホルスタインのように垂れさがる巨乳が

ゆっくりとご覧いただけます

(こっちの方が むしろ綺麗かも・・・)

 

あん! 嫌! とはしゃぎながら喘ぎ続ける喜代美さんを

ハメ師は反転させて

正常位でハメ直します

そして 喜代美さんの太腿を掴んでの高速ピストン

ベッドのスプリングが軋む音・・・

(さすがはハメ師 頑張っています)

 

やがて ハメ師は はぁ~ぁ~と大きく息を吐きますが

喜代美「このまま このまま 続けて」

の声に応えて 最後の頑張り

喜代美さんは 歯をむき出しての絶叫

何を叫んでいるのかはよく分かりませんが

自ら 揺れる巨乳を掴んで

本当に気持ち良さそうに喘いでいます

 

ハメ師「奥さん 中に出していいですか?」

喜代美「中・・中・・・ダメ・・・ダメ・・・中ダメ」

さすがにこの言葉は聞き取れましたが

ハメ師は 聞こえないふり作戦・・・

ハメ師「気持ちいい!・・・あっああぁ!! イけぇ!!!」

自らを鼓舞するように叫んで

人妻の膣内に

溢れるほど大量の射精をしてしまいました

 

ハメ師「・・・ちゃいました」

喜代美「ええ~? それは・・・困る・・・」

眉間に皺を寄せて ホントに困った様子の喜代美さん

でも 鬼畜ハメ師は仕事熱心

ハメ師「困るんですか? 取りあえず 掃除してもらっていいですか?」

有無を言わさず

精液が先端に残るチンポを

喜代美さんの口に突っ込みます

 

中園喜代美 中出しは困るんですけど 主婦なんで・・・

 

ハメ師「今日はありがとうございました 機会があったらまたパンツ売ってくださいね」

唇に付いた精液を指先でぬぐい取り

(これが 大量に中出しされた精子だ)

ただ 呆然と天空を見つめる喜代美さんでした

 

評価は「推薦」★ 奥さん、今はいている下着を買い取らせてください

大きな丸顔で目や口が横に長く鼻もずんぐりした鷲鼻です
かなり個性的な顔だちなので好き嫌いが分かれるかもしれません
話し始めると穏やかな雰囲気を持っていますがセックスは賑やかで喘ぎ声は元気です

ボディはかなり丸みを帯びた体型で肌はそこそこ綺麗
贅肉はかなり載っていますが見苦しいほどではありません(一段から二段腹程度)
Iカップの巨乳を誇りますが全盛期は遥か遠い昔 すっかり垂れています

女性器は標準的なサイズの熟マンコで恥毛はナチュラル仕様(剃りマンより良い)
大陰唇は荒れた感じ 小陰唇は肉厚で凸凹がしっかりあります
ただし今回はあまり女性器のアップ画はありません(トークとフェラが長い)

下着買い取らせて」はパコパコママ定番の企画ものでしばしば観ますが
嘘臭い企画をいかに楽しく演技・演出するかが鍵だと思っています
その点ではやっぱり安直すぎる展開だしリアリティもなく凡庸な出来でした

なお 熟女「曖羽裸ゆめ」が主演する同企画もレビューしてますので
よろしければどうぞご覧ください

 

喜代美さんのすべてが見たくなったらこちらで登録をしてください

(本サイトが保証する安心の有料優良サイトへのリンクです)

奥さん、今はいている下着を買い取らせてください  パコパコママ

パコパコママ 入会のご案内ページ

有料サイトが初めての方はこちらのQ&Aへ
有料サイト登録のQ&A

どのサイトがいいか迷ったらこの一覧表へ
有料・優良サイト案内一覧

無修正AV紹介<厳選レビュー>のトップページに戻る

 

喜代美さんの他の無修正動画です

奥さんのおっぱいに射精したいっ 中園貴代美さんの場合 パコパコママ

餌食牝 -- 佐野真知子   東京熱

単品販売の検索  カリビアンコムプレミアム  Hey動画

 

餌食牝 -- 佐野真知子 タイトル

 

無修正AV紹介<厳選レビュー>のトップページに戻る

2019/05/15