大城咲季 無修正で魅せる微乳と蜜毛壺

AV女優  大城咲季  B78(Bカップ)  W58  H83  Debut 2010

別名義  胡蝶蘭   せんり

<今回レビューする無修正動画>

大城咲季 18歳              取りあえず総評を見る

 

大城咲季 18歳 タイトル

 

ピンポーン!

ドアチャイムが鳴ります

男「どうぞ はいは~い」

ドアを開けたのは 大城咲季ちゃん

咲季「あ・・・ここで合ってますか?」

男「待ってました 待ってました」

 

咲季「おはようございます」

男「何か凄いね 真っ黒だね 日焼けしてるね」

咲季ちゃんは 満面の笑み

長い髪は 茶髪というより金髪

顔の輪郭は卵型

目はクリっとしていてメイクばっちり

鼻は低く 唇は薄めですが

品よくまとまっていて

イケイケのギャルにしては

とっても可愛い顔だちの女の娘です

 

大城咲季 笑顔で登場

 

男「何か凄いね ギャルだね」

ゆったりとした派手な色の上着に

長くて細い足を剥き出しにしたショーパン

靴を脱ぐと

すぐ横にある姿見で

風で乱れた髪をいきなり直し始めるあたり

(いかにも頭が悪そうで)

見かけだけじゃなく

中身もホンモノのギャルっぽい

 

男「入って 入って」

玄関周りは普通の住宅なのに

室内はAV撮影用にしっかりとセッティング

咲季ちゃんは

真ん中に置かれたソファに座り

まずは派手な上衣を脱ぎます

 

男「前もお話しした通り 今日は何をする日ですか?」

咲季「・・・え? 今日は 自分で・・・自分でしてみようかなっみたいな・・・」

男「自分でもしてみたいの?」

咲季「はい」

男「そういうのも見てあげるし 何と今日(の撮影)はね」

生・中出し ですよ

咲季「え!?」

わざとらしく驚くものの 笑顔いっぱいの咲季ちゃん

ちゃんと覚悟はできてるみたいです

 

男「セックスの時って 結構生でやったりします?」

咲季「はい します」

男「生でやるの好き? 中出しは?」

咲季「(きっぱりと)好きです」

今までの彼氏とは 必ず中出ししてるので

今日の中出しも全く問題ありません

 

男(ハメ師)は まず咲季ちゃんの肌を褒め

膝の辺りをタッチ

ハメ師「今までの彼氏は このツルツルの肌を・・・」

触りまくって 舐めまくって 中出ししまくってたんだね

咲季「うはははっ」

開けっぴろげな物言いに 咲季ちゃんは大笑い

ハメ師「そういうこと?」

咲季「そういうこと」

ハメ師「彼氏じゃないんですけど 中出ししても大丈夫ですか?」

咲季「はい 大丈夫です(きっぱり)」

どうせセックスするなら

中出しが気持ちいいんでしょうね

 

この後

変わったセックスの経験についてのトークをしてから

ハメ師「今日ね おもちゃ遊びをしてもらおうと思って」

手渡したのは 中小型の電マ

咲季「何ですか これ?」

見つめる目は 興味津々

ハメ師「知らないんですか?」

咲季「これは まさか あぁ」

ハメ師「大きいやつは良くあるでしょ」

電マだと分かりました

 

では 初体験という電マを試してもらいましょう

咲季「え? (オナニーを)見るんですか?」

ハメ師「当たり前でしょ」

(やっぱり この娘 おバカ)

そして 咲季ちゃんは

初めてにしては手慣れた手つきで

電マを左のおっぱいに当て始めます

 

咲季「何か 凄い」

ハメ師「何が?」

咲季「振動! ・・・凄いね」

ハメ師「感動する?」

咲季「感動する」

じゃ 乳首に集中して当ててみて

(その後は 右のおっぱいから ショーパンの股間へ)

 

ハメ師「感動してもあげませんからね」

咲季「え? くれないんですか」

ハメ師「めちゃめちゃエッチだったら考えてもいいですよ」

咲季「ホント?」

気持ちのいい電マ欲しさに

やる気を高める咲季ちゃん

咲季「ちょっと 脱いでもいいですか?」

自ら申し出て

ショーパンを脱ぎ下ろします

ハメ師「自分から脱ぐとは なかなかいやらしいですね」

 

白くて光沢のあるパンティはシルキータッチ

フルバックで 上に黒のレースが付いたお洒落なデザイン

でも やっぱり見たいのは その中身

ハメ師「パンティぐちゃぐちゃになっちゃうから もしあれだったら脱いじゃいましょう」

咲季「ええっ?」

そう言いながらも

咲季ちゃんは 一息にお洒落パンティを脱ぎ下ろします

ハメ師「うまいこと言うなぁと思って(るでしょ?)」

(シミも出来ていましたしね)

 

大城咲季 密毛おまんこはもう濡れまくってるよ

 

M字開脚で アップになった咲季ちゃんのおまんこ

恥毛はふさふさ

濃い密度でビーナスの丘からアナルにかけて生えていて

徐々に幅が狭くなっています

そのため 秘唇の肌の具合は分かりませんが

近接する内腿はとても滑らかで綺麗

したがって 恥毛の下の秘唇も同じでしょう

 

陰核包皮と花弁(小陰唇)は発育抜群

特に陰核包皮は三角形に盛りっとしていて

クリトリスのために屋根を作っているみたい

その下に続く花弁は 肉厚幅広で

くねくねと襞が撚れているタイプですが

大きなビラのくせにだらしなく開いていて

膣周りをすっかり見せてしまっています

 

もちろん ハメ師はどんなマンコでも果敢に挑みます

ハメ師「おっ マン毛がパーマかかってるよ・・・濡れてるよ もう」

さっそく 指を伸ばして

膣前庭から愛液に糸を引かせます

ハメ師「これ・・・これ」

咲季「えっ 恥ずかしい」

でも とっても嬉しそうな笑顔

ハメ師「これ何だ? 何ですかこれ?」

咲季「何かな?」

すっとぼける咲季ちゃん

ハメ師「マン汁でしょ マン汁」

 

この後 直接当てる電マオナニーをさらに続けて

咲季ちゃんのマン汁は

蜜壺から溢れ出すほどになります

(おまんこもアップでご覧いただけます)

ハメ師「いや ヤバ過ぎでしょ これ・・・見る?」

咲季「見ない」

50㎝以上も長く糸を引いている愛液

ハメ師「いつもこんななの?」

 

ノリノリのハメ師

ハメ師「いやらしいマンコの(持ち主の)顔 アップで撮っちゃいましょう」

咲季ちゃんは アップでもそこそこ見られる顔だち

相変わらずの笑顔ですが

もうちょっと恥じらいがあってもいいかも

 

そして いよいよ

濡れ濡れおまんこに生挿入・中出し・・・かと思ったら

ハメ師「ここはシャワーもないとこなんで ホテルへ行きましょう」

何と いきなりの場所変え・・・

せっかく高まってきたのに

これにはちょっと拍子抜け

 

 

場面はワンボックスカーの車内に変わります

ハメ師「早くエッチしたいですか?」

咲季「したいです」

ハメ師「エッチはどれくらいぶりですか?」

咲季「・・・結構 久しぶり」

まぁ この辺の会話は軽く聞き流しておきましょう

 

しかし 早くエッチしたいと言う割にのんびりしていて

途中で公園に寄って

二人でバドミントン

ただし そこはAVなので

咲季ちゃんには 飛びっこをマンコに入れてもらいます

ハメ師「これで勝てるかもしれないな」

咲季「えっ!? 勘弁してくださいよ」

この後 バドミントンを続けるわけですが

飛びっこは 結局 絵にならないし

風が強くてバドミントンもままならないので

ハメ師「ホテル行っちゃいましょうか」

早くそうしろよ

 

ホテルでは ベッドに寝転がって

次々と服を脱いでいく 咲季ちゃん

(この光景はなかなかいい感じ)

ブラを外して現れたおっぱいは 微乳

Bカップ 78㎝は まさに少女のサイズ

(実際はAカップかも)

密毛で発育抜群のおまんことは

すごいギャップを感じます

 

さて おっぱい披露の後は

改めて全裸 M字開脚でのおまんこ弄り

露出の多い膣周りは

色合いは美麗なピュアピンク

そして 愛液がたっぷり

艶やかに光沢を放っていて素敵です

 

ハメ師は ひとしきりおまんこを弄ってから

お風呂へと咲季ちゃんを誘います

ハメ師「(でも)マンコ洗っちゃダメだよ」

咲季「ダメなの?」

せっかく こんなに濡れているのに

何だか 手順というか段どりが悪すぎ

 

お風呂では結局 咲季ちゃんは湯舟に漬かって

ジャグジーのスイッチを入れて ご機嫌

そして 太ったハメ師のチンポを握ると

手コキからフェラへと進みます

ハメ師「チンポ好きですか?」

咲季「好きです」

ハメ師「どういうチンポが好き?」

咲季「太いやつ」

じゃぁ 今日のチンポはそこそこ合格かな

 

咲季ちゃんのフェラテクはプロレベル

舌と唇を巧みに使いこなし

口全体でのストローク

そして 手コキもなしで

軽くチンポを逝かせてしまいます

 

それに 口内射精にも慣れた感じ

フェラの途中も 結構 カメラ目線

ハメ師「(精子は)酸っぱい?」

咲季「甘い」

ハメ師「甘い? ヤバいなぁ・・・」

 

大城咲季 お口でいっぱい出したね

 

ベッドに戻ると

いよいよ 生チンポの挿入です

まずは 正常位

(ハメ師のデブ腹がちょっと邪魔)

続いては

咲季ちゃんが導いての騎乗位

(微乳なので揺れません)

ハメたまま体を回して 背面騎乗位

(アナルが良く見えます)

 

フィニッシュはワンワンスタイルを挟んで

定番の正常位で迎えます

シーツを掴んで 快感に身を任せる咲季ちゃん

一方 息を弾ませながら

抜き差しに励むハメ師

 

やがて デブハメ師のチンポは限界が近づき

ハメ師「おじさん 精子 中に出しては?(そう言って)」

咲季「あっはっ・・・(喘ぎながら)中に出して」

ハメ師「おじさんって・・・」

咲季「おじさん 中に出して」

ハメ師「もっと言って」

咲季「中に 精子出して」

ハメ師「おまんこの中に欲しいの? ねぇ? おまんこの中に精子欲しいの?」

しつこい おやじハメ師

咲季ちゃんは 何度も何度もお願いさせられます

(くどいので 一部省略)

 

ハメ師「出しちゃおうかな じゃぁ」

咲季「いっぱい出してぇ」

(画面には『発射10秒前』のロゴ)

その可愛い声に励まされて

ハメ師「はあぁぁ イクぅ!! あぁ!! あっ!」

おやじハメ師は 膣奥に 気持ち良く放精

咲季「はぁぁああん はぁぁ んぐぅ(声がかすれきみ)」

 

大城咲季 膣の中が精子でいっぱい

 

風呂場に続いての2発目だと言うのに

相手が可愛い娘だったせいか

驚くほど大量の精液

ハメ師「だってほら これだよ」

流れ落ちてシーツに広がったシミの大きさは

自分でも驚くほどでした

 

評価は「推薦」★ 大城咲季 18歳

ほぼ金髪に染めている髪は腰まで伸びていかにもギャル風で結構荒れています
顔だちはそこそこ整っていて厚化粧をしなくてもかなり見られるレベルにあります
常に笑顔で嫌味のない明るいキャラ フェラは巧みですがセックスの反応は控えめ

スレンダーでお腹周りがすっきり ただしくびれは少なく全体に丸みを帯びています
おっぱいはとっても微乳で少女っぽいので巨乳好きには向いていません
肌はギャルっぽい割に荒れは見られずそれほど褐色でもありません

恥毛は豊かでふさふさしていて密度も高い 女性器周りはさすがに短くなってはいます
陰核包皮と小陰唇の発育は抜群でアップで見るとグロさを感じますが色素は薄め
ピュアピンクの膣周りがしっかり露出していて濡れ具合は特上クラス いい感じです

女の娘は明るく素直だしルックスもそこそこいいのですが構成とハメ師がいまいち
各場面は女の娘の魅力が出ているもののつなぎがいくらなんでも悪すぎ
ハメ師(監督)を変えて上手く撮れば「特選」になるスペックだと思います

 

咲季ちゃんのすべてが見たくなったらこちらで登録をしてください

(本サイトが完全保証する安心の有料優良サイトへのリンクです)

大城咲季 18歳   エッチな4610   人妻斬り 配信終了

エッチな4610 入会のご案内ページ

有料サイトが初めての方はこちらのQ&Aへ
有料サイト登録のQ&A

どのサイトがいいか迷ったらこの一覧表へ
有料・優良サイト案内一覧

無修正動画<AV厳選レビュー>のトップページに戻る

 

咲季ちゃんの他の無修正作品です

制服時代 ~パンツの穴から抜き差し~ (胡蝶蘭)天然むすめ
ひとり暮らしの女の子のお部屋拝見 (胡蝶蘭) 天然むすめ

単品販売の検索   カリビアンコムプレミアム  Hey動画

 

大城咲季(胡蝶蘭) タイトル

 

無修正動画<AV厳選レビュー>のトップページに戻る

2019/07/10