確実に絶頂に導くたったこれだけのテクニック

忘れてならないこと、それは「女性は脳でイク」ということ。

性的に興奮すると女性の脳にはホルモンが分泌されます。これが出なければ、いくら女性器をいじろうとも、ペニスを挿入しようともオーガズムに達することはありません。

微塵も感じないという女性も少なくありません。

レイプで感じてしまったとかいうのは嘘です。AVの見過ぎです。もちろん、レイプ願望が潜在していれば別ですが、通常はあり得ません。

あなたは彼女にまず「安心感」を与えなければなりません。警戒心を抱いていたり不安感を抱いていたりしたら、感じるものも感じないまま終わってしまいます。

そして、セックスの前にいかに「どきどきさせるか」、「恋に酔わせるか」、「ときめかせるか」に注力してください。

勝負は裸になってペニスを差し込んでから決まるのではありません。デートという大事な前戯でほとんどの勝負は決まっています。性欲を気持ちよく導き出すオキシトシンやエストロゲンといった性ホルモンをたっぷり分泌させてあげましょう。

 

さて、前提条件が整ったところで、より具体的に女性を絶頂に導くテクニックについて紹介していきましょう。

今回は少し医学的な観点からの堅い話になりますが、可愛い彼女をイカせるためですから、我慢してくださいね。

知っていますか?膣の左右には海綿体組織が埋め込まれていて、そのほんの先端部分が女性器の最も上部から数ミリ程度、包皮に包まれて下界に顔をのぞかせていることを?

これがあなたもわたしも大好きなクリトリスです。

全長は約10センチ・・・

海綿体組織はペニスと同じなので、興奮すると勃起します。

あなたのペニスと同様に、膣の左右から先端部にかけてクリトリスが勃起するのです。

したがって、クリトリスの先端部分だけをつまんだり嘗めたり吸ったりするだけでは十分とは言えません。

参考:ウィキペディア (右サイドの図)

あなたは激しくピストン運動するのが好きですか?AVでは長時間、ハメ師さんが頑張っていますよね。

たしかにこれは、あなたが射精に至る快感を得るためには最も即効性が高い方法です。

 

しかし、一方の女性の膣はそれほどの快感を得てはいません。

もちろんリズミカルな振動や接触が膣壁を通して内奥のクリトリスに伝わることで快感を得ることはできます。また、女性は脳で感じる部分も多いので「堅く、太いペニスで突かれている」というシチュエーションがたまらない女性も多いでしょう。

ただし、発想を変えて、あなたのペニスで膣の左右にあるクリトリスをうまく刺激するようにすれば、女性の快感は驚くほど高まります。

 

その方法ですが、まず、あなたのペニスを根元まできっちり差し込みます。短くても大丈夫なのでペニスの根元が女性器と強くくっついていることが重要です。

その状態のまま、あなたは密着度を上げるようにペニスを押し付け、こすり付けてください。

陰毛がじゃりじゃり音を立てるようなイメージでもいいでしょう。

あなた自身の持続時間も長くなり、体力の消耗も少なくなります。

膣は自分が出てきたところなので執着が強くなるのか、とにかく男性は挿入を求め、しかも激しくピストン運動をしがちです。

AVなどでは演出のためと、ある程度激しくしないと射精にいたらないために過激に動いていますが、膣そのものは鈍感な臓器です。膣にペニスが入って来ることはわかりますが、ほとんどの女性は、それがどんなペニスなのか識別することができません。

だから、少々ペニスが短くても小さくても大丈夫なのです。

そもそも敏感であったら、出産なんかに耐えられるはずがありません。

それでも膣には「開発可能性」が残っています。

それが「Gスポット」と「ポルチオ(子宮)性感帯」です。

しかしこの両者とも個人差が大きい性感帯なので、Gスポットを押してるつもりでも「別に感じない」女性から「襞がいい」女性、「襞の奥の方がいいので強いのがいい」女性まで千差万別の反応があります。

あくまで、基本は「クリトリス全域への刺激」を行うことです。

それが、最も効果的で確実な方法であり、なおかつ誰にでも実践できることです。

まずは、女性のテンションを上げて、性ホルモンを分泌させて「脳でイク」準備をさせてください。

そして、十分な前戯によってたっぷりと濡らした膣にペニスを挿入し、クリトリス全域を攻略する前述のテクニックを施すのです。

きっと、今まで以上の絶頂に女性を導けることでしょう。

 

もちろん、女性の体は全身が性感帯と言います。したがって、クリトリスばかりでなく、女性の反応を見ながら、お互いが協力して「性感帯開発」をしていく姿勢は大切でしょう。

そして「Gスポット」と「ポルチオ(子宮)性感帯」については、こだわりすぎるのはやめましょう。最高の性感帯であるクリトリスで複数回オーガズムに達する以上の快感なんて、そうそうこの世に存在するわけはないのですから。

 

最後にもう一つ付け加えます。それは、女性を常に安定してイカせるためには愛情の存在も欠かせないということです。

そのためにセックス時に最も必要なのは「後戯」です。

 

男性は射精後に虚脱し、女性をうとましく思う時間が訪れます(いわゆる「賢者タイム」)。しかし、ゆきずりの相手ならともかく、今後も付き合っていいセックスをしたいなら、ほんのひと頑張りの後戯を忘れてはなりません。

やり方は簡単です。

そのまま抱いていてやる

軽くキスをする

髪を撫でる

抱き寄せる

腕枕をする

優しい口調で「素敵だったよ」と会話をする

賢者タイムをうまく乗り越えることこそ、安定して女性をオーガズムに導く秘訣なのかもしれません。

 

Sponsored Link

 

無修正動画<AV厳選レビュー>のトップページに戻る

2019/04/03